2月15日、「核兵器全面禁止のアピール」署名が全国一斉にはじまりました。東京でのスタート集会には、国連事務総長からメッセージがよせられました。

松山では、大街道の交差点で署名を訴えました。行動には、約15名が参加しました。

署名には、広島・長崎市長のほか、吉永小百合さんや沢田研二さんなど多様な人たちが賛同人となっています。県内では、すでに宇和島、八幡浜、西予の3市長と鬼北町長が賛同人になりました。

写真は、うたごえと訴えと、署名する自転車のおじさん

Comments are closed.